algebraic dialy

なにかあったらすぐtwitterに書いてしまうのであまり更新しません

プロフィール

名前: QQQ~

ぷよぷよ講座なんかをやってたりする者です。
詳細

twitter

最新記事

  1. 選択公理botを再始動させました
  2. TeX Live 2020をインストールした
  3. Windows10+upLaTeXで源ノ明朝を使う
  4. パソコンの調子が悪い話
  5. TeX Live 2019をインストールした
  6. 第3回関東すうがく徒のつどいに参加しました
  7. スマブラSPキャラ使ってみた感想
  8. TeX Live 2018をインストールした
  9. CTAC3日目
  10. CTAC2日目

月別アーカイブ

2021年
  1. 01月(1)
2020年
  1. 04月(1)
2019年
  1. 03月(1)
  2. 04月(1)
  3. 05月(1)
  4. 08月(2)
2018年
  1. 05月(1)
2017年
  1. 01月(1)
  2. 07月(1)
  3. 12月(3)
2016年
  1. 01月(2)
  2. 12月(2)
2015年
  1. 01月(1)
  2. 04月(1)
  3. 05月(1)
  4. 07月(1)
  5. 08月(1)
  6. 12月(1)
2014年
  1. 02月(1)
  2. 07月(1)
  3. 09月(1)
2013年
  1. 03月(1)
  2. 05月(1)
  3. 10月(1)
  4. 12月(1)
2012年
  1. 04月(1)
  2. 05月(1)
2011年
  1. 03月(2)
  2. 07月(1)
2010年
  1. 01月(8)
  2. 02月(6)
  3. 03月(7)
  4. 04月(3)
  5. 05月(1)
  6. 07月(1)
  7. 10月(1)
2009年
  1. 01月(4)
  2. 02月(5)
  3. 03月(6)
  4. 04月(4)
  5. 05月(2)
  6. 06月(4)
  7. 07月(2)
  8. 08月(3)
  9. 09月(4)
  10. 10月(2)
  11. 11月(3)
  12. 12月(3)

カテゴリー

選択公理botを再始動させました

この冬休みに、選択公理bot(@AxiomderAuswahl)を再始動させました。

選択公理botはC#で書かれていて(最初はPHPでしたが…)、.NET Frameworkにより動いていました。それはつまりwindowsサーバー上で動いていたということです。windowsサーバーは(ライセンス料などもあって?)高いのですが、なんと月額250円(?!)のwindowsレンタルサーバーが以前あったのでそれを使っていました。ところが流石に安すぎたのかサービス終了、それに伴い選択公理botも停止状態となっていました。

ところで何年か前から.NET Frameworkをwindows以外でも動かせるようにしようという動きがあり、それが.NET Coreと呼ばれるものです。その最新バージョンである.NET 5が2020年11月にリリースされました。(.NET 5は.NET Frameworkの次期バージョンでもあります。)選択公理botはこの.NET 5を使い、Ubuntuサーバー上で動かしています。基本的には.NET Frameworkのときとほぼ同じソースコードで、対象フレームワークを.NET 5に変えただけで動いています。

実際にやり方についてはMicorsoftの公式ドキュメントが詳しいです(Nginx 搭載の Linux で ASP.NET Core をホストする)。また選択公理botのような、定期的に実行するようなものについても公式が参考になります(ASP.NET Core でホステッド サービスを使用するバックグラウンド タスク)。

また今回、リプライへの反応についてはTwitterの新しいAPIを使用するようにしました。webhookと言われているやつです。これはQiitaの記事が参考になります(【エラーコード別解説】Twitter の Account Activity API の Webhook URL が登録できないときの解決法)。

トラックバック

コメント

コメントはまだありません。

コメントする

何でも気楽にどうぞ。